FC2ブログ

「愛の流刑地」

booklet.jpg


愛の流刑地

監督:鶴橋康夫
原作:渡辺淳一
出演:豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、仲村トオル他

<ストーリー>
バツいち作家の男と3人子持ちの女の愛の物語。
ある日、情事の末に男は女に「殺して」と言われ、絶頂と共に首を絞めて殺してしまう。
警察に通報し、裁判を通しながら二人の経緯を描いていく。


ようやくレディースデイに映画を観ることができた♪

しかし、この映画は考えさせられるね。いろいろと。
きっと同年代で、愛してはいけない人を愛したことがある、もしくは愛されたことがあるってゆー人は何か想うんじゃないかな。
でもまぁ、現代人でここまでの熱い想いを出来る人ってそんなにいないかもねぇ。

「自分だけのものにしたい、私もあなただけのものにしてほしい。もう元には戻れないし、選べない。だからあなたの手で私を殺して。」ってね~。

最近の付き合いってドライな感じがするんだよねー。
お手軽に不倫できちゃう時代ってゆーか。
インターネットの普及で出会いなんて作ろうと思えばすぐ作れるもんね。
なんだか寂しい世界だわ。
私は相手から「愛されてる」と感じられなきゃ、絶対やだ。
それと信頼できる相手じゃないと心は許せない。
てことで、そうゆードライな出会いは無理だな。

でも私もある意味ドライかも。
人から言わせると感情のコントロールが出来る人という事みたいだ。
悪く言えば感動が薄いのかもしれないけれど。
確かに世の中適当にうまく渡っていくタイプではないかと自分でも思う。
凄い贅沢も知らないけど、生きてくのがやっとという貧乏も知らず、死にたいと思うような辛い想いもしたことがなく・・・。
まー、ブログのタイトル通り何事にも「楽観的」なところが今までいい方に働いてきたんだろう。
繊細な人だったら「もう死にたい」ってゆー出来事を「そんな事で負けてたまるか」って考えるタイプ?

そーいえば、今「いじめ」の問題が凄いけど、私も小学生の頃いじめられかけた(?)ことがある。あんまり覚えてないけど、誰かの誕生日会みたいなのに行ってて、どういう風にか覚えてないけど「この子泣くよ~」(泣かされそうな事でも言われたかされたのか?)って言われて。私は絶対泣くもんか!!って意地でも泣かなかったんだよね。
結局、その時だけだったと思うんだけど。
後で思えば「いじめる」対象にしようとしてたんだろうか・・と。
怖い怖いw
ま、昔だし田舎だし、そんなに陰険ないじめはなかったけどね。

てなわけで、負けず嫌いとゆーか、男勝りとゆーか。
もうちょっとおしとやかな女性らしい女性になれないのか?と、うちの母は嘆いているに違いない。爆




なんだか映画の話から飛んでしまったけど・・・。
大人な方に観てもらいたい映画でした♪☆4つ♪

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今日の天気♪
プロフィール

あんじぇ♪

Author:あんじぇ♪
性別:女
生年月日:1971年8月3日
好き:氷室京介・動物・カラオケ
嫌い:紅しょうが・掃除
性格:明るくお気楽な主婦です。悩むことも滅多になく、嫌なことはすぐに忘れる都合のよいところもあるかな?
同居の家族:亭主関白旦那・元気過ぎる息子(H19生)・にゃんこX2(ひむ&ちゅーた)

愛猫2匹(トラ猫・フジ猫)&わんこ(ビーグル)のブログもよろしくね♪
My Carefree days
(最近アップできてません<(_ _)>)

広島ブログに参加しています。
広島ブログ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク